◆2020年11月2日(月)◆
・期待を裏切られたと感じた時の対処法。
 先週・先々週と、推し・好きな番組をキッカケに病む事が多かったので、こういう気持ちをどうにかしたいと思って、「がっかりした時 対処法」で検索して色々調べてみました。

 そうしたら、なんとか解決策が見つかりました。

 色々参考になる考え方はあったのですが、一番大切だと思ったのはズバリ、「推し・好きな番組に過度な期待をしたり、身勝手な理想を抱いたりせず、現実をしっかり知ろうとする」です。

 自分にも推しにもストレスのないお笑い好きライフを心掛けたいなと思いました。

・霜降りミキXIT(ゲスト:SHELLY)
 絵下手勢でフリップに「ピッチャーとキャッチャー」を描いている途中で昴生さんが出てきて、古畑の様なジョブズの様なボケを始めたくだり、結局何も生まれなかったけど、ああいうのワクワクして好きです 笑
 気の置けない同世代でやってると、ああいう遊びがあるのが楽しいですよね~^^

・オモテガール裏ガール
 前回に引き続き、ケイさんが出ているという事で見ました。時間の都合で「偏愛ガール」の途中までしか見ていないのですが、大分偏りが少なくなってて、個人的には前回よりは楽しく見られました。

 特に女性を「こういう見た目の人はこう」とずさんにカテゴリ分けしてケチをつける様な企画が丸ごと無くなったのは、良かったなと思います。

 その一方、演者の皆様がどう振る舞ったら良いか迷っているのが、特に「表裏ワード」のコーナーでひしひしと感じられました。

 推し贔屓な発言になるかも知れませんが、そんな中でケイさんは「似た様な所で、男性も「また職質されちゃって~」って言いますよね」とか「これの上級技で「私と布団に入っても何もしない自信あるでしょ?」っていうのがあります。」とか、面白くて悪口にならないコメントをちゃんと残してて「きっと難しかったでしょうに、凄いなぁ…」と思いました。

 「女性をどう取り扱うか」という問題は、女芸人さんも女性タレントさんも、立ち振る舞いが難しいと思いますが、時代の転換期であり正念場だと思って頑張って欲しいなと思います…。特に今まで男性社会の中で求められる「女VS女」ショーをバリバリこなしてきた方は凄く苦労すると思いますが…ほんとに…。
 見ている私も難しさを感じているし「もうそれは面白くないよ…」と思うのは心苦しい部分もあるのですが、皆で知識をつけ、考えてアップデートしなければいけない事だと思うので…。

・しくじり学園お笑い研究部(ジョイマン)
 吉村さんが徳井さんに変わっただけなのに…笑笑
 Twitterには「今回は厳し過ぎて、ゴッドタンなら兎も角、しくじり学園は芯を食いつつも優しい普段の雰囲気が良かった」と言う意見も見られましたね。それは全くその通りだと思います 笑
 しかし、徳井さんが来たからには、この位厳しくて普段より空気が殺伐としている方が徳井さんっぽい良さも出ているし、吉村さんとの対比も効きいているし、徳井さんが来た甲斐があるんじゃかなとは、個人的には思いました。ジョイマンはよりによってこんな日に来てご愁傷様です…とは思いますが(^▽^;)

 厳しくて怖い顔を見せていたのも半分はTV用でしょうし、「酒と話と徳井と芸人」なんかを聞く限り、徳井さんはとても芸人さん思いな方なので、ジョイマンにも真剣にアドバイスしていたのだと思います。

 次回少しでも良くなっていると良いですね~。

◆2020年11月3日(火)◆
・あちこちオードリー(ゲスト:チョコレートプラネット、壇蜜)
 素のチョコプラのお話をTVでじっくり聞く機会があまりないので面白かったです。ちょうど「OWARAI Bros. Vol.2」のミキとの対談でも芸の幅広さを称賛されていましたが、ここでも触れられていましたね。ご本人曰く「売れるにはコントしかないと思っていたのに、ものまねとかリズムネタとか予想外の所でブレイクした」とのことで、人生計画通りに行く人もいれば行かない人もいて、難しいものだと思いました。

 壇蜜さんと松尾さんのコントはとても面白かったのですが、本音をしゃべるのが面白い番組なので、なくても良かったかなとも思います 笑
 壇蜜さんは質問されても一言二言でしか返さなかったので、もう少し積極的にお話してくれると嬉しかったかも…あまり自分の事を話すのがお好きでないのかも知れませんね。

 あと、長田さんがナイツ塙さんとやったドリームマッチならぬ現実マッチの話はめっちゃ笑いました。
 長田さんかわいそうだし塙さん大人げない…笑 ダメな意味で浅草の師匠味が出てきてませんか?笑笑

 塙さんってM-1の審査員やってるし、漫才の本も売れてるし、漫才師としての実力も説得力もあって、「凄い人」「正統派」「中堅なのに師匠感」みたいなイメージがあるから、若手がいじって大丈夫…?とか少し思ったのですが、同期の若林さんが楽しそうに笑ってたので、大丈夫なのでしょう 笑

 塙さんそもそも変な人ですし、こんな風にフランクに後輩に悪口言われたりいじられたりしてるのを見るのは、楽しかったです 笑

・ウチのガヤがすみません!
 ニューヨークの棒押し相撲が地味にシリーズ化している 笑 わ~良かったですねぇうふふ^^
 嶋佐さんが勝つ→負けるのパターンが情けな面白かったと共に、「ああ…ニューヨークにくだりができた…」と、なんだかしみじみ嬉しいものがありました。
 去年かおととし位に「ニューヨーク大好き芸人」(Youtube)で「ニューヨークは下から必死に這い上がる様が面白い」みたいな事を確か誰かが言っていたと思うのですが、今回の様に、良い感じにちょっと情けなさが滲む方が面白いのは、そういう事なのかな~とか思いました。

 あと、山添さんの名言クイズも地味に好評なようでうれしいです~^^ 私もTVの前で一緒に楽しくクイズしてました。関係ないですけど、クイズのカンペがちっちゃい単語帳みたいのなのが何かおもろいですよね 笑
 あと!今回ケイさん結婚後初収録だったみたいですね~!お祝いしてもらってて私もほっこりしました^^ というかケイさんヒロミさんの彼女だったのかwww

◆2020年11月4日(水)◆
・鬼滅の刃 無限列車編
 私に鬼滅の刃をおススメしてくれた友人と見に行きました。原作を読んでいて内容を知っているので泣かないだろうと思っていたのですが、しっかり泣きました。

 特に炭治郎の声優さんの泣きの演技と、猗窩座VS煉獄の終盤の鬼気迫る対決が良かったです。
 その後の炭治郎と伊之助も…。

 それと、友人と久々に会って、深い話もできて楽しかった。初めて入ったサンマルクカフェのクロワッサンも美味しかったしね。

 良い一日でした^^

◆2020年11月5日(木)◆
・特に何もなかった。

◆2020年11月6日(金)◆
・終電のがしにがし
 感想はまた書くので少しお待ちを!

◆2020年11月7日(土)◆
・ハネノバス
 これはとても楽しかったです~^^ ゆるくてグダグダで最高でした。本当に時間帯にぴったり 笑

 特に宮下草薙ファンとしては、宮下さん以外の人と素で楽しそうにしている草薙さんを見れるという点で、嬉しくも楽しい企画でした。笑顔だし、それなりに行動力もあるし、癇癪起こさないし、先輩してるし、バラエティ向けじゃない草薙さん楽しかった…。
 後藤さんも高ぇアウディで迎えに来てくれて、キャッチボールの準備しといてくれて、スタッフさんにも草薙さんにもツッコミを入れ、楽しそうでした。あと翡翠冴殉職事件で取れ高の予感に嬉しそうな後藤さんも良かったww スタッフさんもあそこは喜々として編集されたことでしょうww

 なにより最後の食事シーンが癒しでした(*´ω`*)

・ゴッドタン(腐り芸人セラピー:流れ星)
 いやはや…かろうじでホスト側が笑っていたので私も笑えましたが、それでも笑っていいのか迷う位の仲の悪さでしたね~…。
 あちこちオードリーで見たハライチとオードリーの「ネタを書いてる方、書いていない方問題」は、ボコボコにされている書いていない側も笑っていたし、ちゃんとお笑いらしいツッコミや返しもあったし、殴っている書いている側も「ネタ受け取り師」などの面白例えワードを出しながらのバトルだったので楽しく見れたのですが、今回はそういう面白さじゃない…「(普段なら目にする事ができない)お笑いコンビの裏事情とガチ喧嘩を見て楽しんで下さい」というヤツでした。

 流れ星の場合ネタの問題だけではない様ですが、こんなに仲が拗れてしまって大丈夫なのでしょうか…。
 こういうのを見てしまうと、一度世に出たのにTVに出られなくなるコンビには、やはりそれなりの理由があるのだな…と思いますね…。少し露出が減って来た時期に仲が悪いと、冷静に課題を洗い出して修正するのが困難になる様だな、と。

 仲が良いコンビを好きになる事を揶揄する声もたまに聞きますが、今回流れ星の例を見て、やっぱりコンビ仲良い方がいいんじゃん…と思いました。
 別に無理にイチャついて欲しい訳では無いんですよね、私もそうですが、多分大半の仲良いコンビが好きなお笑い好きの人々は。見てて気持ちがいいんですよ仲が良い方が。


◆2020年11月8日(日)◆

・爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!
 シンパイニュースSPという事で、安定の面白さでした。
 今回のトム・ブラウンとか以前あった阿佐ヶ谷姉妹とか、仲の良いコンビの些細な喧嘩を取り上げるのが面白いです。昨日、ゴッドタンで流れ星のガチ喧嘩見た後だったので尚更ほのぼのしました 笑

 でも一番テンション上がったのは、最後の「粗品さんがギャンブルで700万スッた」というニュースで、町の声の一人として錦鯉の長谷川さんが出て来た時でした 笑 長谷川さんシンパイ賞に愛されてるなぁ 笑 インタビューの後に飲食店の前で所持金を確認するも足りず、うな丼を諦めて去って行く様も哀愁が漂っていて面白かったです 笑

 あとシンパイニュースは元々面白い企画なのに、今回は更にVTRの間に野村アナウンサーの「お察しします」の顔を映すという演出がされていて、今でも元々の面白さに胡坐をかくことなく、回を重ねる毎に変化や工夫を凝らしているんだな~と、スタッフさんの「もっと面白くしたい!」という愛と熱を感じました。
 元々シンパイ賞はロケが中心の番組だった中、コロナでロケができなくなって生まれたのがこの「シンパイニュース」であったと記憶しています。それだけにOP映像や報道番組の有名アナウンサーさんの起用、ポリゴンCGなど、スタッフさんによって作り込まれたリアルさによって面白くなっている部分が大きい企画なので、きっと大切にしていらっしゃるんですね^^
 私も好きなコーナーなので、スタッフさんの頑張りに感謝しつつ、これからも楽しみにしたいと思います。

―――――――――――――――――――――――――――――――――


◆ブログ更新の通知を受け取りたい方はこちら◆